睡眠学習

漫画とゲームとちょっとした思うところ

刀剣乱舞 大阪城とレベリング。

元々刀は好きなので、色々エピソードとか知れたらいいなあと思い登録して早2年。

ゲームとしてはまあレベリングとキャラ愛での域を出ずとも、メディアミックスとか実際の展示との絡め方とか、そのあたりで色々頑張っているなあと思っているので、現実の刀が好きな身としては嬉しいところも多いです。

 

で、今は10度目の大阪城散策。

同じイベントを何回も使いまわすのは正直どうなんだと思いつつ、検非違使が出ないのでいいレベリング場として使わせてもらってます。

どうやら今回は景趣も豪勢なのを用意したようで、とりあえずはそれを手に入れられればと。おまけ程度に二振り目の後藤藤四郎を探せれば、大阪城組が二振りずつ揃えられたことになるので、そのあたりもクリア後に。

 

レベリング編成。

f:id:kk1k_1kb:20170429105904p:plain

懸案事項だった亀甲貞宗も無事6-3でドロップし、本丸としては一段落といったところ。

なかなかいいキャラをしていて、来た時期が近かった千子村正とコンビ化させてちまちまとレベル上げをしています。太腿の肉付きが大変好み。

その二人と大包平・ソハヤノツルキ、及び修行済みの短刀以外は全員がlv90以上、初期実装組に至っては極以外全てlv99という圧巻の並び。最近は殆ど遠征遠征アンド遠征といったところなので、極の実装を待ちわびている状態ですが。

8面あたりで2レア打刀の出番が作られるのを期待。

 

 

気づけば刀帳の残りも数枠となってしまっていて、刀派なしの枠や天下五剣が入るであろう2つは置いておいて、目下気になるのが長船枠。

当方の推しである山姥切国広…の本科山姥切こと本作長義(略)の実装に期待してはいるものの、徳川方及び徳川美術館組は既に大分飽和状態。

実休光忠あたりも考えたものの、織田がメインである刀ステ時に不動が実装されていることを考えると望み薄か。伊達の景秀あたりも、回想やメディアミックスでキーとなりそうなのに出てこないあたりどうなのだろうと。生駒光忠って細川に来たの明治くらいでしたっけ。

名刀揃いの長船派故に、なかなかこれ!といえないところがもどかしさもあり。

とはいえ残り少ない枠が埋まってしまう寂しさもあり。

いっそ第二部やります!一文字や正宗も枠として入れるよ!ゲームシステムもテコ入れします!と宣言してくれれば、他にも枠ができるし嬉しいところなのですが。

 

今年は山姥切国広や太鼓鐘貞宗・蜻蛉切の展示もあり、三日月宗近や鳴狐も展示されるようで、展示側との連携はますます盛り上がりそうなところなので、入り口としてのゲームも頑張っていただけたらな、と思う次第です。